土地活用の専門家や業者の選び方しだいで、成功できます!

土地活用では、不動産や税金、建築関係のプロとの連携があって成功するものです。土地活用のニーズは増えるとともに仲介業者や専門家の選択肢も広くなっていますが、この業者選びこそが最初の肝心な要素なんです。数千万、億単位の契約だからこそ、専門家や業者の選択にも決して妥協はできませんね。

相談して後悔しないプロをどうやって見つければ良いのか、その方法をまとめました。

■飛び込み営業より自分で選ぶ!
向こうからやってきた営業にお任せすれば、少なくとも独力よりはましなのでは、との意見もあるでしょう。しかし、業者選びは選ばれるのではなく自分から選びに行くくらいでなければ、いずれにせよ失敗する確率は大きいのです。熱心な営業マンが、仲介業士の信頼や実力とそのまま直結していると安易に判断はできません。

複数の会社に相談してみてはじめて、「目的に適っているか」のみならず、もっとも信頼性を測れるのです。

土地活用の専門家や業者の選び方しだいで、成功できます!

■紹介してもらった業者なら信頼できる?
知人のつてで不動産関係の業者を紹介して貰う機会も出てくるかもしれません。紹介からの縁があったほうが、信頼性ではましなように思えますが、縁故だけで選ぶのも理想に適っているとはいえません。断った場合人間関係への不安もあって当然ですが、それよりも意に沿わない業者を選んだことで失う利益のほうを考えれば、勇気を出すことのほうが重要ではないでしょうか?利益が絡むほど人間関係も危うくなるので、あくまで業者は自分で選ぶという意思を貫徹させて、親族以外にはうかつに相談しない方がいいでしょう。

■セミナーにも参加した方がいい?
相続や土地活用に関するセミナーも、需要の高まりに伴い活発になっていますが、「ただの営業・宣伝のためのセミナーではないか?」と慎重に参加を決めましょう。アパート経営など特定の活用法を推奨しているセミナーほど、関係者の利益が絡んでいる可能性は大きいですね。

少なくとも、どんな活用法のしたいのかすらはっきりしていない状態では、セミナーに誘導されるリスクが大きいので参加は控えましょう。どうしてもセミナーを参考にしたいなら、特定の不動産会社等が主催しているのではない、中立的な立場で企画されているところへ聞きに行きましょう。

講義中に特定の業者を推奨されたとしても、すぐに受け入れるべきではありません。あくまでも基礎知識を学んだり、最近の動向を知るための参考にする、くらいの意識でいたほうが安全です。

■客観的かどうかがポイント
素人では太刀打ち出来ない土地活用だからこそ、利益を目論む関係者からの誘惑も多いです。信頼して相談できるかを決定づける最大のポイントは、「客観的であるか」なのです。加えて、通り一遍の回答ではなく、ニーズに合わせて完全オーダーメイドのプランをアドバイスしてくれる専門家なら、頼りに出来ます。

不動産やアパート経営の素人でも、よく分かる説明をしてくれているかも重要ですね。「あまり理解できないけど、とりあえず言うとおりにしていれば大丈夫だろう」という姿勢では、業者がおいしい思いをするだけです。対等な立場で、相談者の悩みや意見もちゃんと聞いてくれるアドバイザーでなければ、大事な土地を任せられません。

具体的な指標で言うなら、相談実績多数のアドバイザーなら経験の蓄積もあり、嫌な思いをさせられることもないです。まずは特定分野に特化しているプロよりも、多角的な視点でアドバイスをくれて信頼できる相談先を見つけてください。