土地活用のステップごとの、ぴったりな相談先を選ぶ方法

土地活用を検討するにあたって、計画と実行の段階ごとに、相談相手はその都度ベストな選択をしましょう。土地活用の流れに応じて、どの相談先を選べば一番いいのか、アドバイスしていきます。

■まずはじめに相談する先とは?
これからじっくり土地活用の方向性を決めていきたい、という段階なら真っ先に検討したいのが、FP(ファイナンシャルプランナー)です。不動産関係と利害関係のない中立的な立場のファイナンシャルプランナーであれば、営業をかけられることもなく、冷静な判断をさせてくれるでしょう。

その前に、親族・家族の希望や意見も聞き入れ、スムーズな合意ができるように調整しておきましょう。断りもなく話を進めてしまっては、家族・親族間のトラブルになったり、見落としている点が出てくるかもしれません。

■活用の指針が定まった後は?
大体の方向性が決定できたら、さらに詳細を詰めるために、ここでいよいよ不動産関係のプロに相談を依頼する段階に入ります。たとえば賃貸住宅を建てたいならどのメーカーを選び、どれくらいの規模が推奨されるのか、といった内容を尋ねてみましょう。

ここでも、公平性が維持されているかがポイントです。こちらの要望を聞き入れず、営業トークに終止する不動産会社にまかせていては失敗します。

■運用計画を具体的に決めていくには?
賃貸住宅やアパートなどの経営が決まったケースでは、これから長期的な運用に向けて、初期投資やコストについて相談できる行政書士や工務店・メーカーが主な相談先となります。経営のプロと協力しながら、決してリスクも少なくない土地活用でも堅実に運用するために、成功に向けて着実な計画を築きあげていきましょう。